フリーターは正社員になれる?その方法

フリーターの人が就職する(正社員になる)ためには2つ方法があります。まず一つ目が前職での職歴です。フリーターの方は大半がコンビニやカフェでアルバイトとして雇用されている人が多いです。その中で接客スキルを身につけるだけでなく、宅配の納品や覚える仕事は多いです。しかし大事なことはそのアルバイト先でどのくらいの期間勤めたかといういわゆる職歴が大切です。フリーターとして働いても雇用主側はいつでも相手をクビにすることができるので、使い物にならないということがわかるとすぐに辞めさせる人も大勢います。その職場でもし3年も続かなかったら就職で正社員になるのは厳しいと言えます。最低でも5年以上務まらないと、新しい職場に行っても続かない人だと思われ採用には至らないでしょう。そのためまずフリーターの方がしなければいけないことはどのアルバイト先を問わず出来るだけ長く勤めてその職場でリーダーなどの役割を任せられていると就職に有利です。これは日頃から他の社員よりも勉強をしていれば努力が認められ任されるケースも多いので、結局は本人が努力するかしないかに関わっています。自分は無理だと諦めず頑張る必要があります。2つ目が資格を持っていると就職に有利に働くでしょう。フリーターとは言えMOSの資格やエクセルで上位級を持っているとIT系の会社に採用が決まる可能性があります。自分がどんな業種で働きたいかによって目指すべき資格も変わってきます。上記ではIT会社に役立つ資格を挙げましたが、外国人が大勢いるグローバル企業で働きたいと考えている人はTOEICも役立ちます。このときにスコアは会社によって基準も違うので調べてみるとすぐに分かります。資格を持っていることは学歴と同じくらい重要なもので、その人の能力を証明するものです。例えば、いくらパソコンが得意と言っても実際に資格が無ければ誰も信用しませんし就職にも有利になりません。資格を取得することは当然時間もかかりますが、アルバイト先での労働と勉強をうまく両立する必要があります。アルバイトということでワークライフバランスも取りやすいので、自分なりに予定を立てていつまでに取得したいのかを決めておくと良いです。何事も努力に始まり努力に終わります。現在フリーターの人でも頑張れば着実に正社員にステップアップできます。可能性を信じてさらなる高みを目指して頑張っていって欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です