フリーターが知ってほしいこと

何らかの事情で、もしくは、自分の考えがあって、フリーターをしていた人が、いろいろな事情や考え方の変化から定職に就こうと考えたとき、どうすればよいでしょうか。 まず、就職をするための準備を整えつつ、職業を斡旋してくれるところに登録をするということが、就職につながる活動となります。 その際、自分がいったい何をしたいのか、ということを明らかにしておく必要があります。 もちろん、こういったことがしたい、という自分なりの希望、進路が明確になったから、定職に就くことを決めた、という人は、それでよいのですが、そうではないけれど、とりあえず、定職に就かないと、という場合もあるでしょう。その場合には、絞り込みまでは必要なくとも、ある程度の希望の条件を明確にしておく必要があるでしょう。 たとえば、自分は人との関わりは得意ではないので、人と関わらなくてもできる仕事がいい、と考える、とか、パソコン系が得意だからそれを活かした仕事がしたい、とか、朝が苦手だから、できれば、夕方から夜にかけての仕事がいい、とか、自分なりに考えるものがあるでしょう。そういったことを一つひとつ整理をしておくとよいでしょう。 また、そういったことだけではなく、いわゆる労働条件的なものも検討しておくとよいでしょう。もちろん、希望する条件にすべて合った就職先が見つかるなんて、通常はあり得ません。何ならば、譲歩できるという物や、これは絶対的に譲歩できない、という物など、さまざまでしょうが、まずは条件を検討しておきます。就職する場所、転勤の有無、休日の設定、労働時間、社宅の有無、契約社員か正社員か、そして、お給料など、さまざまな条件を考え、そのうえで、優先順位を整理しておくことです。 こういったことを明確にしたうえで、仕事を斡旋してくれるところに登録をしましょう。 仕事を斡旋してくれるところには、いろいろなところがありますが、まずは、ハローワークが一番でしょう。こういったところは公的なところですから、無料であなたの相談に乗ってくれます。また、会社としても背景がしっかりしていますので、実際に採用面接に行ってみたら、話が違う、ということは、かなり少ないでしょう。また、そういったところだけではなく、転職を支援することを商売としている会社も数多くありますので、そういったところを利用する、というのも一つの手でもあります。もっとも、その会社について、信頼性をしっかりと把握しないといけませんが。 そういったことと並行して、たとえば、面接のための身だしなみを整える、とか、スーツを購入する、とか、といったごく当たり前のことも準備をしていくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です