フリーターがバイトから脱出する方法

就職する時はいろんなタイミングで就職する事がありますがその中でも特に就職する時に準備が大事になるのは
フリーターが就職する時は入念に準備して就職に臨まないといけないです。

なぜならフリーターをやっているタイミングでの就職というのは採用する側の印象は決して良いものでないからです。
それは採用する側からすればフリーターを雇うのはかなりのリスクだと思うからです。

ただフリーター本人からすれば別にフリーターから正社員になる事の何が悪いかと思う人も多いかと思います。
確かにフリーターが正社員になるために就職しようと思う事自体は良い事です。

それは向上心があっててとも良い事です。ですが実際には世間ではフリーターに対するイメージはそこまで良くないです。
なのでどれだけ本人がやる気があって就職する気があっても採用する側がまず思うのは本当にこの人を雇って自分の会社でやって
いけるのかと思ってしまうのがあります。

なぜなら採用する側からすればフリーターの人に対してはなんでフリーターをやっていて
それまで正社員で働いてこなかったのかと思ってしまうからです。

なのでフリーターの人が正社員になる事を目指すならまずは採用する側にある程度の安心感を与えないといけないです。
そうしないといくら面接でやる気がある事をアピールしても採用されないです。

では実際にフリーターの人が正社員として雇ってもらおうと思った時はどうしたら良いかというと
それにはまずは自分が正社員として働きたいと思っている会社でどれだけ自分が必要とされるスキルがあるかが大事になります。

それがないと正直いきなりそれまで全く違う業界でフリーターをしていて何も強味がない状態で面接を受けても
面接で落とされてしまいます。なぜならフリーターがそれまでと違う業界で正社員として働くにはフリーターというマイナスイメージを
吹き飛ばすだけのものが必要になるからです。
またフリーターは自分の体型を意識してないことが多いです。
→メタバリアsの効果

そのために手っ取り早いのはその仕事で使える資格を取ってから就職を目指すのが良いです。
そうすればそれだけで仕事をやるためにこれだけのものを持っているよというアピールになりますし
採用する側もフリーターだから仕事を続ける事ができないというレッテル貼りもしなくなります。

なのでまずはいきなり就職しようとせずにその業界でやっていけるだけのスキルを身に着けて
正社員として就職するのがおすすめです。そうすればフリーターというマイナス要因もほぼ関係なくなって就職できる可能性が高くなります。

ちなみに介護職を考えているなら、介護の派遣会社に登録しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です